↑ トップに戻る

旧称:シンデル法律事務所
ニュースレター登録
ニュースレター登録 >>

革新的で、質の高い、誠実なサービス

SW Law Group, P.C.は、主に、ビジネス業界向けの米国移民法に基づくビザ取得サービスを提供しています。
SW Law Group, P.C.では、多国籍企業の重役職、管理職の方々の企業間転勤のビザ、また、米国へ新規進出なされる企業スタッフのビザのサポートに関しても豊富な経験がございます。

専門知識保有者ビザ

SWLGでは、移民法に特化する事務所だからこそご提供できる、それぞれのクライアントのニーズに応じたきめ細かな対応、そして、大手事務所にも負けない質の高い法的サポートを提供します。
専門技術者のビザ等、取得が非常に難しいビザにも対応しておりますのでどうぞお気軽にご連絡下さい。

卓越能力者ビザ

SWLGでは、O-1ビザやEB-1-1ビザなど、芸術、メディア、スポーツ、化学、そしてビジネスの分野での卓越能力"extraordinary"を認められている方々のビザサポートも提供しております。

新規事業者ビザ

SWLGでは、米国へ初進出される外国企業のためのビザ、及び、新規事業を始められる実業家の方々のためのビザの取得サービスも提供しています。
寿司店のE-2投資ビザ取得のサポートから、P-3文化・芸術伝承ビザ取得のサポートなど、幅広い事業内容への対応が可能です。

企業コンプライアンス

SWLGは、設立以来、外国人留学生がH-1Bビザのスポンサーを探し、ビザを取得するサービスを提供してきました。厳しい監査時代となった近年では、H-1Bビザ等の就労ビザで働く外国人労働者を雇用している企業向けの、企業コンプライアンスサポートサービスも提供しています。

同性カップルのビザ

1994年より、SWLGでは、数多くの家族ベースのビザサポート(家族帯同ビザや家族ベースの永住権申請等)を提供してきました。米国連邦最高裁判所がDefense of Marriage Act(DOMA=結婚防衛法)は憲法違反との判断を下してから、同性婚カップルであっても永住権の申請が可能となりました。弊社では、同性カップルのビザも取得サポートも提供しております。

アメリカビザに関する最新情報記事最新ニュースここに

サービス内容ourservices

解決事例Case Study

69件

2024.02.19
シニア・アーキテクトのH-1B延長申請が米国移民局(USCIS)より承認されました
2024.02.19
帰化により米国市民権を取得した申請者の配偶者ための I-130請願書
2024.02.19
米国にいないビザ受益者のためのH-1B Master’s CAP FY2024 請願書
2024.02.19
米国移民局( USCIS )より電気エンジニアのH-1B延長申請が承認されました
2024.02.19
米国移民局( USCIS )によるグローバル・ソフトウェア企業のI-140 EB-1-1申請への承認
2024.02.19
化学専攻の2024年度H-1Bキャップが承認されました
2024.02.19
化学専攻のH-1B マスターキャップが米国移民局(USCIS)により承認されました
2024.02.19
将来の確保:ビザ受益者のH-1Bビザ1年延長

お客様の声Voice

  • “私は、米国でSaaS(Software-as-a-Service)ビジネスを行うためにO-1ビザを申請する日本人起業家に、SW Law Group P.C.を強くお勧めします。
    シンデル弁護士と彼のチームが7ヶ月かけて作成した600ページを超えるプロフェッショナルなレターのおかげで、米国移民局は私のO-1ビザ申請を承認してくれました。
    SW Law Group のムゴヴァさんは、細部にまで注意を払う優れた能力と粘り強さを持つ、高度なスキルを持った法律のプロでした。彼女は仕事の量が多いにもかかわらず、とても信頼できる人でした。彼女は決して諦めませんでした!
    O-1 ビザの承認通知は日米両国において、株式評価とFinTechにおけるAI分野の専門家としての私の信用を強化するのに十分な威力を発揮しました。
    今年4月にはまだO-1ビザが無い時に1人のアメリカ人の新規顧客を獲得しましたが、今年9月にはサンフランシスコのベイエリアで開催されたカンファレンスに出席した際には、O-1ビザでの10人以上のアメリカ人の新規顧客を獲得する事ができ、私のビジネスに付加価値を与えてくれました。
    さらに、このような現地での牽引力と法的地位のおかげで、米国と日本に拠点を置くベンチャーキャピタルが、一緒にビジネスを構築するためのデューデリジェンス・プロセスを開始しました。
    O-1ビザを取得すると、米国で確かなビジネスプランと製品を持つ現地ビジネスパーソンに生まれ変わり、現地の顧客や投資家とのビジネスをよりスムーズに行うことが出来るようになります。
    私は、SW Law Group P.C. があなたの案件を成功に導く信頼出来るパートナーになれると信じています。
    シンデル弁護士は日本語を流暢に話し、日本の文化や商習慣をよく理解しています。”
  • “米国での開業に際して出向社員のビザ(L1、E2)を依頼しました。新規会社のビザは取得のハードルが高いと言われますが、SW Law Groupさんには豊富な知見を活かして申請すべきビザの種類、タイムライン、申請書類の作成から面接にいたるまで手厚いバックアップをしていただき、希望通りのビザを取得することが出来ました。その後も期間延長や研修生ビザ(J1)の取得にも継続的にお世話になっています。常に的確・迅速に対応していただき、高い信頼を寄せています。”
  • “L1ビザ取得に向けて4つの移民法弁護士事務所に依頼をしましたが、最もお勧めすることができるのがSW Law Groupです。SW Law GroupのおかげでL1ビザの承認が下り、私たちの人生は大きく変わりました(これは同じ挑戦をする誰にでも言えることでしょう)。また、この事務所の方々は非常に返答が早く、業務時間外であっても常に誰かがすぐに返信してくれました。コミュニケーションは的確で、大規模なチームによる円滑なプロセスを実現してくれました。私たちが何か知りたいときは、いつでも誰かが対応してくれました。我々クライアントの人生を変えてくれてありがとうございます。本当に感謝しています!”
  • “私のような案件は日本の弁護士さんならば受付もしてくださらない場合が多くあるにも関わらず、プロとして”あるべき論”でご対応くださったシンデル先生は、これからアメリカと日本、アジアの間で活躍したいと考えている私にとってはとても刺激的であり、有難い出会いでした。”
  • “L-1A、L-1Bビザの新規申請と更新手続きで毎回お世話になっています。丁寧な仕事で最高の結果を提供してくださいますので、また弊社従業員が米国子会社に出向する際にはお願いすることになると思います。”
  • “2020年の米国法人設立後、自分自身を含め5人のvisa取得の業務を支援いただきました。知識と経験が豊富で、駐在員個々の状況に応じた的確な計画を立案いただき、予定通りにvisaを取得いただきました。COVID-19 pandemic下の特殊な状況でも、flexibleに状況に応じたadviceをいただきました。大変信頼しております。”
  • “海外でグリーンカードを紛失したので、自力で再発行の手続きを始めようと思いましたが、現政権の移民政策の事情を考え、SW Law Groupに対応をお願いしました。必要書類の迅速な作成は当然ですが、所員の皆さんは、私の不安な気持ちに寄り添ってくださいました。アポイント日のリマインドや、何分前に行ったらいいかなど、大変細かいところまでご対応頂き、当初再発行まで11か月の見通しだったところ、完璧な書類だったことが奏功し、わずか2か月あまりで新しいカードを手にすることができました。有難うございました。”
  • “SW Law Group, P.C.チームはいつも最高の仕事をしてくれます。係争中の訴訟について逐一報告してくれ、当社への細かい気配りにとても感謝しています。来年も、同事務所のサービスに期待し、利用する予定です。
  • “SWLGと一緒に働くことをとても楽しみにしており、また彼らが提供する助言を高く評価しています。SWLGは私の(永遠に続く)質問やリクエストにいつも迅速に応えてくれ、また、ころころと変わってしまう移民法を理解できるまで説明し、指導してくれています。SWLGには、しばしばこちらが支払っている顧問料以上の働きをしてもらい、有難く思っています。私の意見では、SW Law Group, P.C.は間違いなく移民法において最高の法律事務所であり、そのサービスには非の打ち所がありません。”

SWLGのデビッド・シンデル弁護士は日本での外国法事務弁護士の資格を持っております。 世界でも日系のお客様向けの外弁所属移民法弁護士事務所は弊社のみとなります。

在日米国大使館の最新情報